ご挨拶

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして。ENSUITS(エンスーツ)代表の樋渡(ひわたし)と申します。

当サイトにおこしいただきありがとうございます。

弊社では、紳士・婦人のイージーオーダースーツからフルオーダースーツまで、お客様一人一人に合わせて作成させて頂いております。

オーダースーツづくりは、「自身を高めたい」という意識をお持ちの方々に対して、洋服を通じてご自身の魅力を最大限に引き出す自己表現のお手伝いです。

そのために、私とお客様とのコミュニケーションを通じて、一人一人の個性を引き出す洋服を作ります。「相手に好感を持たれる服」、あるいは「着ることによって自信が持てる服を丁寧に作成することが強みで好評を頂いております

 

オーダースーツづくりを始めたきっかけと経歴

私がオーダースーツづくりを始める前までの経緯としては、服飾専門学校のモデリィスト科(洋服の型紙を作成する)を卒業後、最初は大手アパレルメーカーにパタンナーとして就職しました。

アパレル業界に入った理由は、「質の高い素材と美しいパターンで最高の洋服を作る仕事をしたかった」からです。

その後何社か転職を機にデザイナー、マーチャンダイザー(※)として約26年間勤務して実績を積みました。

品質が良く優れた洋服を作る仕事に憧れて入社した大手アパレルメーカーへの就職当初は、布をボディーにのせてカッテイングしていく立体裁断をはじめとした丁寧な物作りをしていました。

しかし、商社に転職後の仕事は、効率第一主義で、安い工賃の海外工場で大量に生産することだったのです。

もちろん、それでも限られた時間の中において最高の物を作るように心がけてはいました。

ただ、ファストファッションの流れで、安い素材でトレンドのデザインの洋服を作っても価格競争に巻き込まれるだけです。

さらには値段を下げても商品は残り、セール、そして最後は廃棄処分となっていきました。

このとき、洋服が使い捨ての感覚になっていくことに非常に憤りを感じるようになったのです。

「この様な商品を大量に作っては売ることが、本当にお客様のニーズにあっているのだろうか?そんなことを日々考えるようになりました。

それと同時に、「質の良い素材で綺麗なパターンを用いお客様の良さを最大限に引き出せる洋服を作ることはできないだろうか?」「それを着ることによって自分に自信を与えてくれて大切に長く愛用される洋服を提供したい!」と強く考えるようになったのです。

 

母の死を機に納得のいく洋服づくりを行う決意が固まる

会社員として働いている限りは会社の方針と異なることは出来ません。

そこで、独立して本当に良いと思えるものだけを作ってお客様にお届けしたい!」と思うようになりました。

また、ちょうどその当時は、母が数年前に突然死したことをきっかけに、時間には限りがある事を痛感していた時期でもあり、「残りの人生に悔いがないように生きたい」と考える大きな転機になったのです。

それから会社員を辞めて、大学のリカレント教育(生涯学習)で学びながら、自分がどう生きたいのかを模索していました。

なかなか答えが見つからずに悩んでいたのですが、ある先生に相談したところ「洋服の仕事の経験を活かしたオーダーメイドをしてみては」とアドバイスをいただいたのです。

それこそがまさに、私がENSUITS(エンスーツ)を立ち上げようと決心したきっかけでした。

オーダーメイドならば、良質な素材を用いてその人にあったパターンやデザインで個性を引き出すような洋服作りお届けできます。

そして、オーダーメイドならば、不要な服を作る必要も無くなるために、「微力ながら業界を変える一助になるのではないか?」と思い起業を決意しました。

 

イージーオーダなら理想のスーツをもっと気軽に楽しめる

 

 

 

 

 

ENSUITS(エンスーツ)では、フルオーダーに始まり、今は、イージーオーダーを中心にご提供しています。

フルオーダーは、市場に無い様な個性的で自身の魅力が際立つ洋服が欲しい方に、一から型紙を作成して、仮縫いを行い、理想の洋服を創ります。

しかしながら、工程も多く非常にコストが高くなります。そこで人気なのがイージーオーダーです。

イージーオーダーとは、ゲージ服と呼ばれるサイズサンプルを試着して頂き、そこからピン留めをしてお客様に合うように体型補正していきます。

また、イージーオーダーでもご選択頂いた生地に合わせて縫製仕様等含めて細かくご提案しております。

例えば、海外生産か国内生産なのか、接着芯にするか本格的な総毛芯にするかなどです。

フルオーダーメイドの様に全てを一から創り上げる作業ではないですが、普遍的なデザインである男性スーツにおいては、イージーオーダーでもかなり理想に近いスーツを仕立てられます。

そして、イージーオーダーは、価格的にもリーズナブルで納期も比較的短期間でできるので大変お勧めです。

お客様の希望よりも会社の利益を優先した無駄なオプションを排除したい

実は、イージーオーダーを販売する業者の中にはオプショナルを多くつけることで利益を出そうとする場合も見受けられます。

しかし、私は無駄なオプショナルを勧めることはしません。価格が高くなり工程が増えるだけだからです。そのため、素材に対してのバランスや必要性の有無を第一としてアドバイスしています。

また、お手持ちのスーツが未だ着用できる場合はお直しをお勧めすることもあります。少しの手直しで長く着用できることが多いからです。

お直しの提案に際しては、スーツを拝見させて頂いて判断します。

当社のお直しで限界がある場合、かけはぎの技術が必要な穴あき等は直契約している系列会社をご紹介いたします。

他社との違いは、まず、お客様とのコミュニケーションも最も大切にしております。

お手持ちのスーツについてや、これから仕立てるスーツについて細かくヒアリングを行います。

そして、お似合いになる素材やシルエットまでしっかりアドバイスをしていきます。

オーダースーツはハードルが高いと感じている方に向けて、リーズナブルな価格からご提案できますので、初心者の方にも気軽にご注文を頂いております。

洋服を通じて「お客様の魅力を最大限に引き出すこと」が仕事に

ENSUITS(エンスーツ)とは、ご縁のエンとスーツを合わせたブランド名です。

体型に合ったスーツを作ることで自信を持って着用していただいて、「お客様が良い縁と繋がりますように」と思いを込めて名前を付けました。

似合う洋服を身に着けることで、男性であれば仕事ができる知的な人物に見られるようになり、女性であれば、柔らかさを保ちつつ前向きな印象をより魅力的に演出できます。

「人は見た目が9割」というベストセラー本があるように、オーダースーツは第一印象が重要なビジネスシーンで好印象を得られることに役立ちます。

また、似合う洋服は、生活に余裕を感じさせ自信を醸し出すので、異性からも魅力的に見える効果もあります。

単純に「モテる」ということだけではなく清潔感や誠実さを伝えことができるのでビジネスシーンも円滑に回るきかっけ作りにもなるのです。

数百種類以上の国内、イタリア、英国からの生地ストックや、釦、裏地の選択、細部のパターン補正などお好みのデザイン、身体に合ったパターンでお仕立て致します。

私の過去の経験を基に、「お客様を魅力的にするサービスを一人でも多くの方に提供していくことが使命です。

個々のお客様のご要望に細かく応じて、予算に応じて適切なアドバイスをしながら理想のスーツをお届けするように日々努めております。

もし、「自分に似合う色や形のスーツがわからない」お会いした方に好印象を与えるスーツを作ってほしい」などの要望がある場合、ENSUITS(エンスーツ)にお任せください。

世界に一つだけのオーダースーツを作り、あなたの魅力を最大限に引き出すお手伝いをさせていただきます。

ENSUITSでは、オーダーメイドの無料相談も行っております。

相談をしたからと言って必ずスーツを作らなければならないわけではありませんので、ご安心ください。

納得していただいた上でご依頼をいただきたいと考えておりますので、お気軽に無料のご相談依頼をお待ちしております。

※マーチャンダイザー

アパレルメーカーや百貨店・デパートなどで、商品の開発から販売計画や予算管理といった業務に携わる職業を指します。