【40代必見】大人の男性にオーダースーツがおすすめの理由

ビジネスマン 年齢別おすすめオーダースーツ

会社で素敵な大人の男性と思われている人はどこが違うのか?

彼らは、仕事ができる・部下に対して公平に接してくれる・どんな時も落ち着いて対処するなど仕事も人間性も素晴らしかったりします。更に身だしなみも清潔感があり好感度の高い方が多いです。

なぜなら、彼らは相手の目線に立って物事を見ていて”不快感を与えない清潔感のある着こなしが最も大切”と考えているからです。

憧れの男性は、奇をてらった服装はしていないけれどすっきりした着こなしの方が多いです。じっくり観察してみると「パリッとプレスの効いたスーツ」「丁寧に磨かれた靴」そして「小まめに手入れされたヘアー」と手抜かりがないです

例えば、清潔感のある着こなしのポイントを挙げると以下の様になります。

  • スーツのサイズが身体に合っている
  • シワやシミがなく、メンテナンスがされている
  • 色や柄が本人に似合っている
  • スーツ・シャツ・靴がトータルコーディネートされてい

周囲から一目置かれている男性は、身なりに気を使う努力をしています。

しかし、それを外部に感じさせない様にさりげない着こなしを心がけています。こういった見えない部分の気遣いが「憧れの大人の男性」を作り上げているのです。

清潔感のある憧れの男性になるにはどうしたらいいか

ここから、理想の大人の男性になるための方法を具体的にご紹介していきます。

まずは、現在の自身の状態を棚卸して段階的に見ていきましょう。

自分自身の身なりを冷静に見直してみる

どうしたら周りが憧れる男性になれるのか?」それは、まず自分自身の状態を冷静に見直す必要があります。以下の内容に思い当たる点がないか考えてください。

  • 体重が3年前に比べて3キロ以上増減したがスーツを新調していない。
  • 普段スーツを着る仕事だが、2年間新調していない。
  • 今、着ているスーツのサイズがきつい、またはゆるい。

もし、一点でも該当するならば、なおざりにスーツを着ている可能性があります。自分自身のスーツの着こなしを客観的に見直しましょう。

体型が大きく変化していて何年も新調していないのは、服装に気を遣う行為を怠っているからです。

仕事が忙しい為に、服に関しては奥様任せだったり、子供の養育費や住宅ローンに追われ全くお金をかけていなかったりします。

問題点をあぶりだし、一つづつ解決していくことで理想に近づくことができます。他者から憧れられる存在になるには、可能な範囲で時間とお金を投資して整えるという気構えが必要です。まずは、ご自身の現状を診断してみましょう。

スーツが身体のサイズと合っているか調べる

スーツのサイズが自身の身体に合っているか、鏡の前に立って確認しましょう。

長年着ていると、気付かない間に身体に合わなくなっている場合が多いからです。

サイズが合っていない時は、お直しに出すことを検討しましょう。ウエスト・パンツの丈はお直しが簡単にできます。

但し、既製服の場合は縫い代の予備が少なかったりしてお直しできない場合もあります。お近くのお直し屋さんに相談してみましょう。

お直しで改善できないと判断したら、新しいスーツを購入するのを考えてみましょう。

スーツの状態を確認する

スーツの細部を点検しましょう。袖口や裾口が痛み、裏地に汗シミなどの有無を念入りに確認しましょう。裏地は脇の下の辺りが一番汚れている場合が多いです。スーツがくたびれていると感じたら、まずは汚れを落としきれいにしましょう。

家庭でも少しのお手入れでかなりきれいになります。

全体にブラッシングで埃を落として、風通しの良いところで虫干しします。ジャケットは、型崩れしない様に厚手のハンガーにかけ、パンツは、アイロンでセンタープレスをかけましょう。こちらで丁寧に説明されているので参照してください。

どうしても、汗臭かったり、ワンシーズン着た後でしたらクリーニングに出しましょう。

スーツのデザインが時代に合っているか

サイズや汚れの確認が終わりましたら、スーツのデザインが古臭くはないか客観的に見てみましょう。

サイズと同様に気がつかないうちにシルエットがひと昔前になっている場合があるからです。「スーツは普遍的デザイン」と言っても時代によって微妙にシルエット等が変わってきます。

自分で判断できない場合は、本音を言ってくれる身内や友人を見つけて意見をもらいましょう。

シルエットやディテールが時代遅れのスーツは、お直しで改善するのは難しいです。諦めて新しいスーツを新調しましょう。

いわゆる「吊るし」既成スーツが合わない

既成のスーツのサイズが合わなくなってきた。若い時は、いわゆる「吊るし」と呼ばれる既成スーツでも難なく着こなせていた方でも、年齢を重ねると身体に合わない場合が多いのではないでしょうか。

体型が若い時と変わり、ウエストやヒップが大きくなりスーツのシルエットやサイズが合わなくなってきているのです。

  • ジャケットの肩幅や袖丈は合うがウエスト周りが太ってしまいボタンが閉まらない。
  • ジャケットは丁度良いサイズだがパンツのウエストがきつい。
  • 立っている時は気にならないが、座ると苦しくパンツの股の辺りがしわしわになる。

このように一部分は大丈夫でも他の部分のサイズが合わない場合が殆どです。

以前は、店舗に並ぶスーツから選んで購入していた方でも、最近は試着をするとジャケットのサイズは合ってもスラックスのサイズが合わない、またはその逆のパターンが多いのではないでしょうか。

既成スーツは大量生産のため万人に合う様に作られています。「バストはぴったりだけど肩がきつい」「ジャケットは丁度良いけどパンツは小さい」の様にぴったり合うサイズが無いケースが殆どです。

ぴったり身体に合うオーダースーツに挑戦してみよう

既成スーツが合わない場合はどうしたらよいか。答えは「オーダースーツを仕立てるです。

オーダースーツが「高根の花」は過去の話です。今は、オーダースーツでも既成スーツと変わらない価格から作れる時代です。

オーダースーツと一言でいっても「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」と大まかに3つに分かれています。

フルオーダーは、従来のイメージ通り高価ですが、パターンオーダーやイージーオーダーであれば既成スーツと変わらない価格で作ることができます。

40代になると、会社で責任ある地位になり、会社の代表として赴くことや多くの人の上に立ったりと他者からの注目が集まる機会が増えてきます。

安価な既成スーツを着用している場合、素材の安っぽさ、仕立てが粗末などの些細な部分が、目の肥えた外部の上層部や顧客には分かってしまいます。

加えて、かつては既製服で綺麗に着こなすことができていても、年齢を重ねると体型が変わるのでサイズが微妙に合わないといった問題が起きてきます。

40代になったなら、自分への投資、相手への敬意を表す手段としてオーダースーツに挑戦してみましょう。

40代の大人の男性におすすめのオーダースーツ

40代の大人の男性には、オーダースーツがおすすめです。ここでは、年齢に相応しいオーダースーツの仕立て方をご紹介します。

オーダースーツと言っても、素材・仕立て・店舗によって価格も出来上がりも大きな違いがあります。

先ほど述べた通り、オーダースーツは、主にパターンオーダー・イージーオーダー・フルオーダーの3つの種類に分類されます。

フルオーダーが最高級ではありますが、40代の方にはコストパフォーマンスの良いイージーオーダーを推奨します。

イージーオーダーは、コストパフォーマンスが良い

パターンオーダーとフルオーダーの中間に位置するイージーオーダーは、価格・納期・品質において最もバランス取れていてコストパフォーマンスが良いです。

なぜなら、価格は大体4万円~10万円の範囲内で素材選択肢も多く、体型の細部まで調整可能です。そして、納期は約1ヵ月です。

パターンオーダーであれば、価格は下がりますが、サイズ調整が限定的です。フルオーダーは、思いのままのスーツが作れますが、価格は20万円からで納期も2ヵ月位以上と長くなります。

イージーオーダーは、価格が手頃でサイズ調整の範囲が広く納期が1ヵ月程度と、最も費用対効果が高いです。そして、通常の仕様に加えてオプショナルの有料を選択することで自分らしさを表現できますので、高価なフルオーダーでなくても理想のスーツが仕立てられます。

素材はワンランク上をチョイスしよう

イージーオーダーに決めたら、安すぎる素材は避けましょう。

なぜなら、スーツを仕立てる際に最も重要なのは、素材選びだからです。

価格と品質は大抵比例しています。まずは、生地を手でしっかり触ってみましょう。良い生地は「ぬめり感」「柔らかさ」「艶」「ボリューム感」「心地よさ」「弾力性」が感じられます。また、しわになっても自然に戻ります。

ポリエステル混紡は、軽く・しわになりにくい特徴があります。しかし、通気性が悪かったり、表面にざらつきを感じることがあります。静電気も起きやすく埃がつきやすい場合もあります。

分かりやすい目安として、毛100%でSuper表示と呼ばれる表記を基準に選ぶのも一つの選択肢です。見た目も着心地もしなやかでワンランク上のスーツになります。

Super表示とは、糸にする前段階の原毛の繊維の太さのことです。糸の番手(ばんて)と呼ばれる糸の太さを表す数字とは別です。一般的にSuper〇〇’sの番号が大きいほど高価な素材になると覚えていて良いでしょう。

厳密に言うとSuper表示だけで素材の価値を決めることはできません。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

原毛

Super表示で選ぶならSuper100’s~120’sがおすすめ

ジャケット裏地のブランドネームに付いているSuper 110’Sの表示

素材の見極めは、初心者には難しいです。色々触ってみて感覚で決めて良いでしょう。

ご自分の手で触ってみて一番気に入ることが最も大切です。

また、Super表示で選ぶなら、Super100’s~Super120′をお勧めします。それより、上の生地は繊維も細く高価な生地ですが、

通常のビジネスシーンでは耐久性を考えるとそこまでは必要はないでしょう。

まずは、お店の方にじっくり相談して予算の範囲内で自分の気に入る素材を見つけ出すことが大切です。

附属や仕立ても拘ろう

buttons

オプショナルになる、裏地はキュプをお勧めします。綿を原料とする天然由来であるので、通気性がよく吸湿性が高いので湿度の高い日本においては着心地が良く汗がこもらずに快適に着用できます。

ボタンは、水牛や貝ボタンなどの天然素材が相応しいです。

更に言えば、芯地にこだわったり、マシンだけでなく一部手縫いが入る様な工程が多く丁寧な仕事をする工場で仕立てると良いでしょう。

芯地とは、服の内側の見えない部分に使用されて洋服の強度を高めたり、形が崩れないように補強する資材です。

詳しくはこちらを参照してください。

内部の仕様は、イージーオーダーと言ってもテーラーによって提携している工場が異なるので都度確認をしましょう。

極端に安いイージーオーダーの場合は見えない部分は簡易的にして効率化を図っています。この様な工場でもしっかりしたスーツは仕上がりますが、長く着用していると型崩れが起ったりする可能性が高いです。

質の良いスーツを長く大切に愛用したい方には、ワンランク上の工場で仕立てに拘ったスーツのお仕立てをおすすめします。

まとめ

管理職や責任ある立場に就いているのであれば、しっかり身なりも整えて周囲から憧れの上司・先輩と思われる男性を目標としましょう。

中身も大切ですが、外見も手を抜くことなく相応しい服装をすることで多くの人から信頼を得られるからです。これから、上の地位を目指していくならば、お金や手間をかけて身なりを整えましょう。

まずは、鏡の前で冷静に自分自身のスーツ姿を俯瞰して見てみましょう。主に以下の点に注意しましょう。細かくチェックし、問題がある箇所はお直しや、クリーニングに出すなど改善しましょう。

  • スーツのサイズ
  • デザインは古臭くないか
  • しわ、汚れ
  • ポケット口、パンツの裾の擦り切れ

これらを試しても解決できない場合は、オーダースーツに挑戦してはいかがでしょうか。

最近は既成スーツと変わらない価格から仕立てることができます。少しの時間と手間で身なりが整い他者の信頼を得られます。

カジュアル化が進むビジネスシーンですが、昇格を目指したい・憧れの上司になりたい方は、オーダースーツでライバルとの差をつけましょう。