【小さいサイズの方必見】身体が小さい人にオーダースーツがおすすめな理由

身長差 初めてのオーダースーツ

身体が小さい・低身長・痩せている等の理由で「スーツが似合わない」と思っていませんか。しかし、オーダースーツなら「ぴったり身体に合った、似合うスーツ」が作れます。

なぜなら、スーツが似合わないと思っている人の多くは、既製スーツの中からしか探していないからです。いわゆる「吊るし」と言われる既製スーツは、大量生産をしているのでサイズが限られています。従って身体に合ったジャストサイズのスーツを見つけるのは難しいです。

例えば、大手量販店のスーツ売り場はサイズ・種類が豊富に見えますが、実際にお店に行ってみると選択肢は意外に少ないです。

お店の人は、サイズが合っていない時「お直しすれば、大丈夫です」と勧めてくるかもしれません。しかし、既製スーツのお直しできる箇所は限られます。

また、部分的に直すことでスーツ全体のバランスが崩れてしまいスーツ姿がかっこ悪くなってしまいます。

オーダースーツなら、身体が小さい人でもぴったりのスーツが作れます。また、生地も豊富な中から選ぶことが可能なので、自分に似合う色や素材を見つけることができます。

このページでは、身体が小さいけれどスーツをかっこよく着たい人のために、オーダースーツを仕立てる際のスーツの知識と選び方についてご紹介していきます。

オーダースーツにした方が良い理由とは

スーツ

身長が低かったり、痩せすぎていてスーツが似合わない人はどうすれば良いか?ずばり、オーダースーツを仕立てることで解決します。

なぜなら「背が低いからスーツが似合わない」のではなくて「身体に合っていないスーツを着ているから」スーツが似合わないのです。

例えば、窓のサイズに合っていないカーテンは、どんなに高級素材の豪華なカーテンが付いていても決して素敵には見えません。

スーツも同じで、どのような体型の方でもサイズに合ったスーツならばかっこよく着こなすことができます更に、身なりが整うことで自分に自信が湧いてきます。既製スーツではなく、オーダースーツを仕立ててビジネスもプライベートも充実させましょう。

身体が小さいとスーツが似合わないと思っている人は多い

「身体が小さいとスーツがカッコよく着こなせない」と思い込んでいる人は多いです。

なぜなら、身体が小さくてスーツが似合わないと感じている人の大多数は既製服の中からしか探していないからです。

お店に並んでいるスーツのサイズは限られますので、合わないサイズのまま仕方なく着ているのです。また、ブランド物やデザインスーツになるとS・M・Lというサイズ展開になり、更に範囲が狭まります。

例えば、ジャケットはバスト寸法で合わせます。スポーツマンのような胸筋が発達していてウエストが細い場合は、身頃がだぶついてしまいます。

しかし、既製スーツのお直しできる箇所は限られます。基本的にお直しができるのは、ジャケットは袖丈のみ。パンツは、ウエストと股下だけです。

オーダースーツであれば、個々の身体に合ったサイズでスーツを作れます。ぴったりサイズで仕立てれば、身長が低い小柄な方でもかっこよくスーツを着こなすことができます。

サイズが合っていないだけでマイナスの印象を与えてしまう

カラフルなメジャー

スーツのサイズが合っていないと、初対面の相手に悪い印象を与えてしまいます。

なぜなら、いくら仕立ての良い高品質な素材のスーツを着ていてもサイズが合っていないだけで、だらしなく見えてしまうからです。

例えば、服がだぶついているだけで、お風呂に入って清潔にしていても不潔に見えてしまいます。また、サイズが大きいと服に着られているように見えて小柄さが強調されます。

スーツのサイズが合っていないだけで、だらしなく見えて印象が悪くなるのです。しかしながら、オーダースーツで仕立てればぴったりのスーツが作れるので良い印象を与えることが可能になります。

少しの努力で会う人へのイメージが大きく変わってしまうのなら、自分に合ったサイズのオーダースーツで好印象を与えるようにしましょう。

オーダースーツには、パターンオーダー・イージーオーダー・フルオーダーの3つの種類があります。どのオーダーが良いか特徴を踏まえて決めましょう。

小柄な身体をカバーする6つのポイント

スーツを選ぶ際の大切なポイントさえ分かっていれば、簡単に小柄な体型をカバーすることができるようになります。身体が小さい・痩せている・低身長等をカバーするには、以下の6つのポイントを押さえておきましょう。

  • ジャケットは、シングルにする
  • 生地は、無地や縦を強調するストライプ柄を選ぶ
  • ジャケットのゴージラインの位置や第一釦を高くする
  • サイズの合ったシャツを着用する
  • パンツの丈は、ノーブレイクにして足元をすっきりさせる
  • 靴は、シンプルなデザインで色は黒か茶にする

なぜなら、スーツのデザイン・柄・丈等を気を付けるだけで身長の低さをカバーしてくれるからです。

例えば、太っている人が、膨張色の「白」と収縮色の「黒」を着用した場合は、明らかに黒を着た方が身体が締まってみえます。色を変えるだけで見た目が大きく変わって見えます。

体型カバーのポイントを知っているだけで、スーツスタイルが断然カッコよく見えます。6つのポイントについて1つずつ見ていきましょう。

ジャケットはシングルにする

ジャケットはダブルではなくてシングルを選びましょう。ボタンは2つ釦か3つ釦段返りがバランスが良いです。

なぜなら、身体が小柄な場合はなるべくすっきり見せることが重要だからです。シンプルにすることで全体がシャープに見えます。

ダブルにすると、釦がシングルに比べ2倍ほどの数が付きます。小さい面積に釦が沢山あると全体がこじんまりして見えてしまいます。

ジャケットは、シングルを選んで軽やかに見せるようにしましょう。そうすれば、ポイントを置きたいシャツ・ネクタイのVゾーンに視線を集中させることができます。

生地は無地系や縦を強調するストライプ柄を選ぶ

ストライプの生地

生地を選ぶ際は、誰が着ても似合う無地系、柄にするならばストライプ柄を選びましょう。

無地系の生地は、全体を清々しく見せてくれます。また、ストライプは縦のラインを強調してくれます。

小柄な方が無地系を選ぶならバーズ・アイのような表面変化のある素材が重厚感が出るのでお勧めです。近くで見ると柄がありますが、遠くから見ると無地に見えます。

身体の小さい人は、目立つポイントを散乱させずに1つに絞ることが大切です。スーツが無地系ならば、ネクタイに明るい色や柄でポイントを作ります。柄物のスーツにしたいならば、ストライプ柄で目線が縦にいくようにしましょう。

バーズアイの生地大き目

「バーズ・アイ」とは、小さな円形が、狭い間隔で規則正しく並んだ柄のことです。Bird’s eyeという名の通り鳥の目のように見えることから「鳥の目格子」とも言われます。

ジャケットのゴージラインの位置や第一釦を高くする

ゴージの写真

ジャケットの第一釦や襟のゴージラインは高めの位置にしましょう。

なぜなら、Vのラインを相手の視線の高い位置に持っていくことで縦のラインを強調できるからです。

パンツなどのウエスト位置も下部にあるローライズのウエストより、ハイウエストの方が断然足が長く見えます。

ポイントになる位置を高く配置することで、下の部分が長くなり縦長に見える効果があります。

ゴージライン(gorge line)とは、ジャケットのテーラーカラーの上襟と下襟(ラペル)を縫い合わせるラインのことで、襟刻みとも呼ばれます。また、ゴージとは「喉」の意味です。これは立ち襟が主流の時代、このラインが喉の部分に位置したからです。

サイズの合ったシャツを着用する

ボタンダウンシャツの写真

ジャケットには、自分の身体に合ったサイズのシャツを着ましょう。

なぜなら、折角スーツのサイズが合っていてもシャツのサイズが合っていないだけで、全体が台無しになります。

シャツはジャケットの袖から1~1.5㎝覗くのが、かっこいいバランスと言われています。しかし、シャツのサイズが合っていないとジャケットの袖丈が適切な長さでも、シャツが長すぎて余分に見えてしまったり、短すぎて全く見えなかったりしてバランス良く着こなせません。

スーツをオーダーで仕立てたのなら、ご自分のサイズのオーダーシャツを仕立てることをお勧めします。オーダースーツにお金や時間をかけてもシャツが合っていないと良さが半減してしまうからです。

パンツの丈はノーブレイクにして足元をすっきりさせる

下半身はなるべくすっきり見えるように、パンツの丈はノーブレイクにしましょう。どうしても長めが好みの方は、ハーフブレイクでも大丈夫です。

なぜなら、足元がだぶついているとだらしない印象が目立ち目線がが下へ行ってしまいます。

視線を上に持っていくには、上半身にポイントを集中させる必要があります。

足元は、目立たないようにすっきりさせしましょう。また、裾の仕様はダブルよりシンプルなシングルをおすすめします。

靴はシンプルなデザインで色は黒か茶にする

黒い革靴

足元は、スーツに合わせて黒か茶色のシンプルな革靴を合わせるのがベストです。

身長の低い人は、なるべく相手の視線を上に向かせて縦のラインを強調するのが鍵となるからです。

最近は、カジュアル傾向が強いのでスーツにスニーカーを合わせたりするのもお洒落ですが、足元に目線が集中するため却って小さく見えてしまいます。

スーツを着るときは、下半身がすっきりきれいに見えて上半身に目線がいくように、ベーシックな黒か茶色の革靴を合わせましょう。また、ベルトは靴の色と合わせましょう。

時計をした男性

小柄な方は、年齢より若く見えてしまう場合が多くビジネスにおいてはマイナスになる場合があります。小物に一点豪華主義を取り入れると全体を格上げしてくれます。時計・ネクタイ・靴の中から一点だけをいつもより質を上げるだけで全体がワンランク上に見えますのでお試しください。

まとめ

このように、身体が小さい人でも、オーダースーツなら身体に合ったサイズのスーツが作れてかっこよく着こなせるようになります。

なぜなら、多くの小柄な人は自分の身体に合わない既成スーツを我慢して着ているのでスーツが似合わないのです。

例えば、中学生が制服を作る時、成長を考えて敢えて大きいサイズで作ったりします。生徒が優秀だったとしてもサイズが合っていないだけで、残念ながらだらしなく見えてしまいます。

サイズが合っていないスーツを着ることは、マイナスの要素しかありません。オーダースーツであれば、小さい身体の方でもかっこいいスーツを作れます。

既製服では叶えられない、サイズがぴったり合ったオーダースーツを仕立てれば、体型をカバーしてかっこよく見せることが可能です。

「縁スーツ」では、初めての方にも安心してオーダースーツが作れるように39,600円から作れるスーツを提案しています。

まずは、一歩前へ踏み出してみませんか。無料相談を承っていますのでお気軽にお問合せください。

無料プレゼント

スーツの着こなしには基本ルールがあります。

押さえておきたいポイントをまとめたこれだけ押さえる スーツの基本ルールBOOK」無料プレゼント

下記からメールアドレスを登録してくださった方にお送りしています。

 

これだけ押さえる スーツの基本ルールBOOK>で手に入るもの

この<これだけ押さえる スーツの基本ルールBOOK>では、

  • きれいにスーツを着るための方法
  • シャツの正しいサイズをチェックする方法
  • ベルト・靴の合わせ方をチェックする方法

など、きれいにスーツを着こなす方法についてお伝えします。ぜひ、あなたのビジネススーツの着こなしにお役立てください。

無料ダウンロードはこちら



コメント